【コロナ渦での出産体験談】出産バッグにいれておいてよかったものリスト

【コロナ渦での出産体験談】出産バッグにいれておいてよかったものリスト

こんにちは、れみです。
筆者は今年の1月に第一子を出産しました。筆者は予定日超過だったのでいまかいまかと産気づくのを待っていたのですが、その際何度も入院バックを確認しました。
入院バックってたくさん持ち物があって大変ですよね。今回はそんな入院の際にあってよかったもの、これはいらなかったな…というものをリストアップします。
「これから出産のため入院準備をしている方」にぜひ見ていただきたい記事です。

また、筆者の場合はコロナの影響で面会禁止だったので洗濯物を家族に頼んだり荷物の受け渡しなどをすることができませんでした。一度に全てを用意しなければいけなかったので通常より荷物が多かったです。

入院バックの必需品

まずは入院バックにはかかせない最低限のものをリストアップ。
病院によっては用意されていたりするものもあると思うので、確認してくださいね。筆者の場合は早めに用意しすぎて、あとで病院に「それはうちで用意していますよ」と言われたものもあったので早めに病院に確認されることをおすすめします。

書類系

・診察券
・健康保険証
・母子健康手帳
印鑑
・お財布など普段の持ち物
・筆記用具(意外と書類書くことが多い)
・会社や役所に提出する書類関係 (退院後書いてる暇はない…)

自分用

・パジャマ 2~3セット
 (母乳指導や授乳があるので前開きのパジャマがおすすめ)
・タオル 3枚〜
 (髪を乾かす用、洗面所用など。)
・バスタオル 3枚〜
 (洗濯をまわさない場合は日数分…)
・入浴用品一式(シャンプー・リンスなど)
・ハンカチ
・マスク、除菌グッズ(コロナ渦のため)
・産褥ショーツ
 (汚れるので日数分以上あると安心です)
・授乳ブラ (できれば日数分)
・骨盤ベルト
・スリッパ
・洗面用具一式(歯ブラシや洗顔、化粧水など)
・ティッシュペーパー1箱
・お茶やお水など(曲がるストローあると便利)
・退院用の洋服、化粧品
・お箸・マグカップ等(病院による)
・お産用パッド、母乳パッド(病院による)
・携帯、充電器
・髪ゴム
・靴下

赤ちゃん用

・おくるみ
・ベビードレス
・肌着
・ガーゼ
・ミトン(うちの子はめちゃめちゃかきむしった)
・おむつやお尻ふき、哺乳瓶など(病院による)

余裕があれば持っていきたいもの

上記の必需品以外にも「筆者が持って行ってよかった…」というものを書いていきます。荷物に余裕があればぜひ入れてみてください!
太字になっているものは、あとで写真付きで説明しています。

持っていくと良いもの一覧


・延長コード
 (動けないのであると便利でした)
・小さめのカバン、エコバックなど(病院内での移動に)
・授乳クッション
・円座クッション
・乳頭ケアクリーム
 (授乳は本当に痛いです。少しでもケアして緩和を!)
・USBのホットクッション
・小さい加湿器(とにかく乾燥した)
・ハンドクリーム、リップ(とにかく乾燥した)
・ミスト化粧水
 (乾燥にも役立ったし、陣痛時のリフレッシュにもなった)
・S字フック(ベッドなどに荷物をかけれる)
・スマホスタンド
・着圧ソックス
・ハンガーやミニ洗濯用ハンガー
・お菓子(筆者の中では必須)
・ウィダーインゼリー(お腹が空きます)
・夜用のパッド
 (出産前に出血が多かったためお産パッド以外にも必須でした。病院でも買えますが大概割高です。)
・小銭、小さいお財布
 (自販機や洗濯機に便利でした)
・洗剤、洗濯ネット(洗濯機がある場合)
・ビニール袋
 (S字フックにかけてゴミ袋にしたりしました。ベットから降りるのも辛かったりするのであると便利です)
・汗拭きシート
 (出産当日や具合によってはお風呂はいれなかったりするので身体を拭くシートがあってよかったです)
・爪切り、耳かき
 (爪切りは特に赤ちゃん産まれてからは気になります。持ってない時に限ってきになるのが爪切り、耳かきですよね…)
・テニスボール
 (陣痛中の痛みを和らげたり、いきみ逃しをするのに必要)
・月齢カード
 (撮影用にあると良い)
・リファカラット
 (むくみにむくんだので必要でした)

授乳クッションについて

授乳クッションは授乳にも使えるのもありますが、筆者は自分の枕としても使っていました。
病院の枕ってなんか硬くて居心地悪くて。。
ただでさえ興奮して寝れないので、あると便利でしたよ!

USBのホットクッション

寒い季節の出産だったので、体をあたためるのによかったです。
陣痛中も体を温めた方がいいとのことだったので使っていました。

ハンガーやミニ洗濯用ハンガー

自分で洗濯するしないにしろ、ちょっと何かかけておくのにあると便利だと思います。
ちなみに病室のどこかしらにハンガーを吊るせるようなところがあるだろうと思っていたら筆者の病院にはなくて。
知恵をふりしぼり、スマホをはさむ道具でなんとか吊るしました。笑

ミスト化粧水

なんとなく持って行ったアベンヌウオーターでしたが、とてもよかった…!
促進剤、陣痛の時間が長くて痛いけど、でも疲れすぎて眠かった筆者はこれをかけてリフレッシュしたりしてました。
冷たくて気持ちいいしスッキリしていい気分転換になりましたよ。

持っていけばよかったな…と思ったもの

・時計
(机における見やすいデジタル時計かなにかがあればよかった)
・夜用のパッド
(持って行ったけど、もっと必要だった。もちろん病院にも売っているけど割高だったのでたくさん持っていけばよかったなと…)

持って行かなくてもよかったかなと思ったもの

筆者は心配性なので、「ないよりはあった方がいい!」とたくさん荷物を持って行ったのですが、これはただ荷物になっただけだった…というものを紹介します。

・授乳ケープ
 (授乳室で使うかな?と持っていきましたが、授乳でさえ一苦労なのに隠すとか高度なこと初心者にはできませんでした笑)
・本
 (暇な時に読むかな?と思って持っていきましたが、そんな時間があったら寝たかったです笑)
・顔パックシート
(これもそんな暇はなく、時間があったら寝たかった…母子同室でなければあっても良いのかもしれません)

まとめ

コロナ渦での出産だったので、荷物がとても多くキャリーケース1つと大きなカバン2つで入院した筆者でしたが上記にまとめたグッズさえあればめちゃめちゃ困る!ということはありませんでした。

どうかこれから出産される方の参考になりますように。

他にもこんな記事を書いています。
【コロナ渦での出産体験談】立会い、面会NG!マスク着用での出産。

出産カテゴリの最新記事