【0歳育児】「リッチェル おでかけランチくん 」はお出かけに便利。

【0歳育児】「リッチェル おでかけランチくん 」はお出かけに便利。

こんにちは、れみです。
娘も10ヶ月になり、3回食。お出かけしてランチすることも増えてきました。
そんなときベビーフードはとても便利ですが、気持ち的にも金銭的にもなんだかな…ということで、「リッチェル おでかけランチくん 保冷も保温もできる赤ちゃんのお弁当箱」を購入してみました。
さっそくレポートします。

商品説明

容量:130 ミリリットル

商品の重量:‎335 g

素材:上フタ・中フタ・スプーン:ポリプロピレン、 パッキン(大)・パッキン(小)・底カバー:シリコーンゴム、 ボトル:ステンレス鋼、 断熱材:ポリスチレン

‎耐熱・耐冷温度:上フタ:100℃、中フタ:120℃、パッキン(大)・パッキン(小)・底カバー・スプーン:140℃、ボトル保温効力:37℃以上(6時間)

購入経緯

前々からこの商品があることは、お店で売っているのを見て知っていました。
「便利そうだなあ…」と思いつつも、お弁当箱のわりに3000円ちょっとするので中々購入に踏み出せずにいました。

ですが少し肌寒くなってきて、出かけ先にレンジがない場合は冷たいベビーフードをあげなくてはならず気持ち的に申し訳なく思っていたので購入を決めました。

大人用のスープジャーも検討しましたが、ごはんとおかずと…と考えると2つ必要だし結局同じくらいのお値段になるか。とこの商品にしました。

使用レポ

2,3回お出かけの際に使ってみました。
9じごろにご飯を詰めてお昼にはちょうど良いくらい(もしくは少し熱いくらい)になり、食べさせやすくとても便利でした。

娘も家で食べる時と変わらず食べてくれました◎

持ち運びも水筒のような感じで持ち歩けるし、そんなに荷物にならないのがとても嬉しいです。

真ん中に付属の折りたたみスプーンを入れることができるのもとても良いです。
ただこの折りたたみのスプーン、とっても短いんですよね。
折りたたみなので仕方ないとはいえ少し使いづらいのが難点です。笑

また、もう一つ難点をあげるとすれば、パーツが多いことです。
洗い物は多いかな…という印象。

まとめ

スプーンが短くて使いづらいことと、パーツが多くて洗い物が多くなるという難点はありますが、総合的にみて筆者は購入してよかったなと思っています。

娘も家で食べる時と変わらずに食べてくれますし、なにより外食の際に大人は出来立ての温かい美味しいものを食べているのに、娘には冷たいベビーフード…というのがなくなるので気持ち的に救われます…!

子育てカテゴリの最新記事